WASEDA Research Portal

ライフイベントに係る研究支援

研究者が妊娠・育児等に携わる期間中に、研究補助者やリサーチ・アシスタント(RA)の配置を支援します

このページの内容切替: 1 2

解説

1. 目的

本学研究者が妊娠・育児等に携わる期間中、研究補助者やリサーチ・アシスタント(以下、RA)の配置により研究活動の継続を支援することで、研究力の維持・向上や研究成果発信、外部資金獲得を促すことを目的とします。

2. 支援対象要件

支援を希望する期間において、以下の①~④のすべての項目を満たすことを要件とし、研究推進部にて支援対象者を決定します。
① 申請者が本学に雇用されており、学内外の研究費を用いて何らかの研究課題を遂行している。
② 妊娠中、または小学校3年生以下の子どもを育児している。
③ 配偶者が常態的にフルタイムで労働している、または申請者自身がひとり親である。
④ 本学の、教授・准教授・専任講師・特任教授・助教・教授(任期付)・准教授(任期付)・講師(任期付)・助手のいずれかである。なお、休職中の者・外部資金雇用の者・研究機構が主本属の者は対象外とする。
※ 自身が産前産後休暇や育児休暇を取得している期間中は、臨時雇用者の指揮命令者(業務管理者)とはなれません。
半年を1期として、本支援を自身が通算6期分利用した方は、本支援に申請することはできません。
※ 本支援は、同一世帯から同一支援期間に複数の申請はできません。

3. 支援内容

支援対象者として採用された場合、1期ごと(4月~9月/10月~3月)でそれぞれ30万円を上限として、研究活動の継続に必要な研究補助者やRAの雇用に係る費用を補助します。30万円以内であれば、複数の臨時雇用者を雇用していただくことも可能です。週当たりの勤務時間や時給上限、その他雇用条件・手続き等については、「リサーチアシスタント(RA)、研究補助者 雇用手続要領」に記載の通りとします。雇用手続きでご不明な点は、所属箇所事務所担当者にご相談ください。

※本支援について、2017年度までは時給の上限を1,500円としていましたが、2018年度よりこれを廃止し、時給の上限は「リサーチアシスタント(RA)、研究補助者 雇用手続要領」に記載の通りとしました。