WASEDA Research Portal

  • English (United States)
  • 日本語
  • |

特定課題(若手・アーリーキャリア支援)

若手・アーリーキャリア研究者を支援する。研究費の支援だけではなく、研究計画調書の書き方についてフィードバックも行う

このページの内容切替: 1 2 3

手続き

1.申請手続き

助成を受ける年の前年度に申請が必要です。例年10月に公開される次年度の募集要項を参考に申請してください。

細目表:日本語/English  ※特定課題では平成29年度の科研費の細目を利用しています。

2.申請時期

2018年10~11月
申請期限:2018年11月12日(月) 17時厳守

3.決定時期

決定時期に、箇所を通じて採否通知が配付される。
3月下旬予定

4.採択後の手続き

・研究費の執行については、申請時の研究計画に基づいて行うこと。
・使用計画書の提出は不要。研究成果報告提出時期に研究費使用内訳報告を提出すること。

研究中断と再開

・傷病休職・産休などやむを得ない理由で研究を中断する場合、最大次年度3月末まで延長できる。
・所属箇所事務所に事前に相談の上、「特定課題研究助成費 研究中断承認申請書」を提出する。
・再開時には「特定課題研究助成費 研究中断再開願」を提出する。