WASEDA Research Portal

  • English (United States)
  • 日本語
  • |

特定課題(科研費連動 研究継続支援タイプ)

科研費を活用した継続的な研究活動に対し支援を行う。
前年度まで自身が代表者となっていた科研費採択課題があり、当年度新規応募した科研費が全て不採択となり、研究代表者としての科研費が全て無くなってしまう場合、研究を継続させるための資金を支援する。

このページの内容切替: 1 2 3

解説

1.目的・趣旨

科研費を活用した継続的な研究活動に対し支援を行う。
前年度まで自身が代表者となっていた科研費採択課題があり、当年度新規応募した科研費が全て不採択となり、研究代表者としての科研費が全て無くなってしまう場合、研究を継続させるための資金を支援する。

2.対象

①各種目の申請締切日時点で教授・特任教授・准教授・専任講師・教諭・教授(任期付)・准教授(任期付)・講師(任期)・助教・助手の身分であること。
※外部資金雇用・研究機構が主本属の場合は申請対象外。
※採択決定後に資格変更や転籍で本学の特定課題の申請資格を失った場合は交付対象外。
②過去5年間に特定課題の助成を受けている場合、申請時に前年度までの成果報告書をすべて提出していること。
③研究倫理教育・講習等を全て受講済みであること。
④2019年度特定課題採択者の場合、2019年4月1日から2019年度末までに外部資金に応募済みであること。
※やむを得ない事情(科研費の継続課題をもっている、産休・育休・傷病休暇、年度をまたいで審査を行う外部資金の課題が採択となった等)がある場合、申請時にその理由を報告して承認を得ること。
⑤各種目の申請条件に含まれる「外部資金の応募」は、すべて研究代表者として応募していること。
※科研費以外の外部資金:厚労科研、CREST、さきがけ、民間財団助成、特別研究員等の研究費、企業からの受託・共同研究、各種助成金、申請時に研究計画を提出する奨学金等。
<ご参考>2021年度より適用の申請資格(2020年度は適用外)
⑥本研究計画の関連性を問わず、申請日から遡って過去3年の間に学会・研究会・シンポジウム等での成果報告や発表、または論文発表・書籍の発行等のアウトプットを行っていること。

および以下の条件を充たす、研究代表者として応募した科研費が不採択となった研究者。

・(1)~(4)の条件全てを充たす場合に申請可能。
(1)2020年10月に2021年度科研費に応募する予定がある。
(2)2019年度まで科研費を持っていた。
(3)応募した2020年度科研費がすべて不採択となった(最終年度前年度応募課題は除く)。
(4)継続課題を持っておらず、2020年度は科研費がない。

・研究継続支援タイプと評価連動タイプの重複申請可能。
・評価連動タイプは同種目を複数申請可能。
・重複申請や複数申請した場合でも、科研費連動の採択は1件まで。

<対象外課題>
・研究代表者がヒアリングまで進まなかった課題、研究活動スタート支援、研究成果公開促進費、国際共同加速基金、最終年度前年度応募。
・科研費に追加採択された課題(内定が通知された日付以降の支出は停止となる)。

3.支援内容・金額

前年度まで持っていた種目に準じて支援
交付上限:20~300万円
研究期間:2020年7月1日~2021年3月31日

4.過去の採択状況

こちらからご確認ください。